学校案内

 

 

教育方針・取り組み

 

看護学科

教育理念

生命の尊厳を基調とする感性豊かな人間性を育み、科学的根拠に基づく看護技術を身につけた専門職業人として社会に貢献できる人材育成を目指す。

 

教育目的

本校では、人間とその生命への畏敬の念と高い倫理観をもって寄り添うヒューマンサービスの精神に基づき、看護の知識、技術、態度を修得するとともに、幅広い教養を身につけ感性を磨き、自ら学ぶ姿勢持って社会に貢献できる専門職業人としての看護師の育成を目指す。

 

教育目標

  1. 人間を統合的に理解し、個々のヘルスニーズに対応して、様々な場において科学的根拠に基づいた看護活動を行える能力を修得する。
  2. 人間の喜びや痛み苦しみに共感できる心豊かな感性をはぐくむ。
  3. 看護専門職としての能力を自己評価、他者評価を通して振り返ることができる。
  4. 看護の本質を理解し、自己の看護に対する考え方を深める。
  5. グローバルな視点を持ち、社会情勢の変化に対応できる能力を養う。
  6. 看護の向上をめざし、専門職として自ら学ぶ探究心を養う。
  7. 看護に必要な倫理的態度を養う。

 

助産学科

教育理念

助産師としての倫理観を育み、専門的知識と助産技術を身につけ、専門職業人として社会に貢献できる人材育成を目指す。

 

教育目的

助産師としての倫理感をもって母子及び家族や地域の人々に寄り添い、対象のニーズに応え得る科学的根拠に基づいた助産診断能力と助産技術を身につけ、地域の母子保健医療に貢献できる専門職業人としての助産師の育成を目指す。

 

教育目標

  1. 助産師として倫理観を身につけ、母子とその家族へ寄り添える姿勢を養う。
  2. 妊娠・分娩・産褥期及び新生児期の正常経過と正常からの逸脱を診断し、それぞれの時期に援助及び対応できる能力を養う。
  3. 社会の変化、医療の進歩に対応できる能力と専門的知識・技術を習得し、周産期医療システムの運用と助産業務管理のできる能力を養う。
  4. 女性のライフサイクル各期のリプロダクティブヘルス・ライツの増進を図り、女性とその家族へ健康教育・相談・支援できる能力を養う。
  5. 地域の特性とニーズを捉え、母子保健・医療・福祉の中で期待される助産師の役割を理解し社会へ貢献する能力と、他職域及び他職種と連携・協働できる能力を養う。
  6. 専門職業人として、常に自己研鑽する姿勢を養う。

 

学校長挨拶

「看護は人間愛」

本校は、穂の国東三河の北「新城市」にあります。周囲は鳳来山や豊川など自然に囲まれたのどかな地であり、施設・設備(教材)は充実しております。「医療とは」、「看護とは」をじっくり考えつつ勉学に励むには最適の環境です。「笑顔」を合言葉に質の高い看護教育を行い、看護に必要な知識・技術・態度の習得ができます。
医療・看護の領域においてはいかに環境、状況が変わろうとも、その対象は人間です。その本質は変わりありません。本校が目指す看護教育は「自分で考え成長できる人間の育成」を根幹に「相手を尊重し苦しみを受けとめる看護」「看護実践をとおしての苦痛の緩和や健康への回復」「専門職業人としての「科学」と「人間性」の調和のとれた看護」をめざします。本校では、豊かな人間性を育成する基礎教育にも力を注いでいます。
新しい歴史と伝統の礎を築いていく主役の学生が明るく集う学校です。
助産師・看護師をめざし、実り多き学校生活を過ごし、あなたの夢を実現しましょう。

 

学校法人穂の香学園 穂の香看護専門学校
学校長 齋藤 悦子

 

学科長挨拶

看護学科長挨拶

看護師は国家免許であるが故に、教育内容も国が一定の基準を設けています。
どこの学校に行っても、同じといえば同じ(?!)なかで、わが校に来ていただいた皆さんと何を築いていくか。これが私の命題です。
まずは、日常の学校生活の中で、一つ一つの「できごと」を共有し、経験を積み重ね、そこで身につけた知識と思考を実習で活かせるようにと関わっています。
毎日がワクワクです。ワクワクドキドキの輪にどうぞ飛び込んでください。

 

看護学科 学科長 松原 眞由美

 

助産学科長挨拶

穂の香看護専門学校助産学科は、愛知県三河地域で初めて開設された助産師養成所です。
助産師の基礎的知識を基盤とし、助産診断能力が身につく演習や実習を多く取り入れたカリキュラムを構築し、周産期医療を担い、女性とその家族を尊重し、生涯の健康を支援できる助産師の育成を目指しています。
1年間の教育課程は、前期は主に学内で講義、演習に励みます。後期は実習が中心になります。多くの学びの機会を実習施設で得、体験し先輩諸氏、関連職種の皆さまからの指導を受け、根拠に結び付けられる知識を確実なものとし、助産診断能力を身につけています。
学生の出身看護学校は、専門学校、短期大学、大学とそれぞれ異なりますが、助産師になるという共通目標達成に向け、チームワークの良い学びの場を創り出しています。
助産師になることを希望し、熱意と意欲のある方であれば、目指す助産師に近づくことが出来ます。一緒に学びましょう。

 

助産学科 学科長 小森やえ子

 

学校紹介(学科、定員、学費)

学科名 修業年数 定員 学費
看護学科 3年 60名 詳細はこちら
助産学科 1年 15名 詳細はこちら

 

 

 

資格取得までの道のり

 

特色

解剖模型などを広いスペースで展示し、見て触って感じて学ぶ。

解剖模型やモデルは見て、触って、使ってこそ生きるものです。
本校では実習室や廊下に解剖模型等を置いて、十分に活用してもらえるようにします。

 

 

広い校庭と体育施設があります。思い切り体も動かしてリフレッシュ。

体育施設は十分な広さがあります。時には体を思い切り動かして座学でたまるストレスを発散しましょう。

 

 

ナースステーションや階段教室のある基礎看護実習室。

ナースステーションや階段教室のある基礎看護実習室など、本校の基礎看護実習室にはいくつかの特徴があります。

 

 

歴史の新しい学校だからこそ

平成26年4月に開校したまだ新しい看護学校です。皆さんとともに本校のカラーや特色を作り上げていくことになります。

 

 

駐車場が完備しています。トータル200台以上!

学生全員分の駐車スペースを確保しているので、自家用車や原動機付自転車で通学が可能です。

 

 

カリキュラムの特徴

看護学科

基本的な看護技術をより高めるため、本校では基礎看護学援助論演習を行います。
実習で学生がよく実施する看護援助技術の質を高め、実習で受け持たせていただく患者様に少しでも安全・安楽な援助ができるようにしていきましょう。

 

助産学科

助産師としての倫理観をもち、専門的知識・技術が身につけられるようカリキュラムを構築しました。
実習では、助産診断能力を高め、母児の健康を支援する助産師の役割を臨地で学びます。

 

 

実習施設の豊富さ

豊富な実習施設が確保されており、幅広い学習ができます。
詳しくは実習施設のページを見てください。

 

 

オシャレなカフェテリアがあります

オシャレなランチが用意されています。

 

社会貢献、地域貢献

①施設開放(地域の方にグランドや体育館の貸し出し)
②地域のイベント参加
③地域の方むけに「在宅看護演習会」を実施予定

 

アクセス

school

〒441-1306
愛知県新城市川路字萩平1-125
TEL 0536-24-3101
FAX 0536-23-8311
URL http://honoka-kango.jp
E-mail info@honoka-kango.jp

 

アクセス詳細はこちら

 

施設紹介

1F

 

1f

 

2F

 

 

2_1

 

 

 2_3

 

 

  

 

 2_7

 

 

 

 

 

 


学校法人穂の香学園 穂の香看護専門学校

 

〒441-1306 愛知県新城市川路字萩平1-125
TEL 0536-24-3101(代表)

 

交通アクセス

Copyright©穂の香看護専門学校. All Rights Reserved.