学科長のあいさつ

 

 

穂の香看護専門学校助産学科は、愛知県三河地域で初めて開設された助産師養成所です。
助産師の基礎的知識を基盤とし、助産診断能力が身につく演習や実習を多く取り入れたカリキュラムを構築し、周産期医療を担い、女性とその家族を尊重し、生涯の健康を支援できる助産師の育成を目指しています。
1年間の教育課程は、前期は主に学内で講義、演習に励みます。後期は実習が中心になります。多くの学びの機会を実習施設で得、体験し先輩諸氏、関連職種の皆さまからの指導を受け、根拠に結び付けられる知識を確実なものとし、助産診断能力を身につけています。
学生の出身看護学校は、専門学校、短期大学、大学とそれぞれ異なりますが、助産師になるという共通目標達成に向け、チームワークの良い学びの場を創り出しています。
助産師になることを希望し、熱意と意欲のある方であれば、目指す助産師に近づくことが出来ます。一緒に学びましょう。

 

助産学科 学科長 小森やえ子

 

 

 


学校法人穂の香学園 穂の香看護専門学校

 

〒441-1306 愛知県新城市川路字萩平1-125
TEL 0536-24-3101(代表)

 

交通アクセス

Copyright©穂の香看護専門学校. All Rights Reserved.