教育理念

 

 

助産師としての倫理観を育み、
専門的知識と助産技術を身につけ、
専門職業人として社会に貢献できる人材育成を目指す。

 

 

教育目的

助産師としての倫理観をもって母子及び家族や地域の人々に寄り添い、対象のニーズに応え得る科学的根拠に基づいた助産診断能力と助産技術を身につけ、地域の母子保健医療に貢献できる専門職業人としての助産師の育成を目指す。

 

 

教育目標

  1. 助産師としての倫理観を身につけ、母子とその家族へ寄り添える姿勢を養う。
  2. 妊娠・分娩・産褥期及び新生児期の正常経過と正常からの逸脱を診断し、それぞれの時期に援助及び対応できる能力を養う。
  3. 社会の変化、医療の進歩に対応できる能力と専門的知識・技術を習得し、周産期医療システムの運用と助産業務管理のできる能力を養う。
  4. 女性のライフサイクル各期のリプロダクティブヘルス・ライツの増進を図り、女性とその家族へ健康教育・相談・支援できる能力を養う。
  5. 地域の特性とニーズを捉え、母子保健・医療・福祉の中で期待される助産師の役割を理解し、社会へ貢献する能力と、他職域及び他職種と連携・協働できる能力を養う。
  6. 専門職業人として、常に自己研鑚する姿勢を養う。

 

 

 


学校法人穂の香学園 穂の香看護専門学校

 

〒441-1306 愛知県新城市川路字萩平1-125
TEL 0536-24-3101(代表)

 

交通アクセス

Copyright©穂の香看護専門学校. All Rights Reserved.